わきが手術受けたいけど仕事休めない・・ダウンタイムが少ない手術法は?

082486
わきがのニオイが気になる状態だと何かと気を使うことも多く、特に仕事で多くの人と関わる場合には本当に気疲れしてしまいますね。

わきがは手術をすればニオイを解消することができると言われていますから、できるだけ早く手術してニオイの悩みから開放されたいところです。

ただ、仕事が有りまとまった休みが取れない人にとっては、わきが手術後の痛みや直ぐにいつもの日常生活に戻れるかなどダウンタイムが気になりますね。

ダウンタイムが短く、仕事が休めなくても受けられるわきが手術はあるのでしょうか?

ダウンタイムが短く、日常生活に復帰しやすいのはこの手術

わきが手術というとワキを切開してアポクリン腺を取り除く手術といったイメージがありますが、ワキを切開せずにできるわきが手術もあります。

こういったワキを切らずにできる手術を選べばワキへのダメージが少なく、仕事を休まずに翌日出勤することもできます。

ワキを切らずにできる手術は、主に超音波や高周波、電磁波などを使い、汗腺を破壊してわきがを治療するというものです。

ワキを切らずにできるわきが手術では切傷ができないため、手術後、多少の痛みや違和感を感じることがあるものの、ワキ固定の必要がなかったり、当日からシャワーできたりと日常生活に与える影響が少ないのです。

一方、ワキを切開してアポクリン腺を取り除く剪除法は、保険が適用される場合があり費用が安くすむメリットがありますが、手術後にワキの固定が必要であったりして、抜糸できる手術後10日程度は日常生活が不便になりがちです。

切らずにできるわきが手術にはどんなものがある?

切らずにできるわきが手術としては、

電磁波を使った「ミラドライ」や超音波による「ウルセラドライ」、高周波による「ビューホット」などがあげられます。

ミラドライはワキだけに使える手術方法で、中程~重度の多汗症やわきがの治療に向いているとされています。

ウルセラドライは川崎中央クリニック独自の手術方法で、ワキだけではなく、すそわきがやチチガの治療にも使える手術方法です。

ビューホットは高周波の照射針を汗腺の深さまで刺し入れて汗腺を熱変性させることでわきがを治療します。ワキだけではなくすそわきがやチチガの治療にも使えます。

このように切らずにできるわきが手術といっても様々な方法があります。

それぞれの選び分けは、わきがのニオイ程度や汗の量、どの程度までニオイが出ないようにしたいかなどによります。

ただ、わきが手術にはそれぞれメリットやデメリットがありますし、実際にあなたの症状にどの手術方法が適しているかの判断は医師の診断を受けてみなければはっきりしないのが実情です。

なぜなら、わきが症状の本当の程度は医師の診察を受けてみなければはっきりしないからです。

例えば、自分では重度の酷いわきがだと思っていても、実際に医師の診察を受けてみたら軽度のわきがだということもあります。

軽度のわきがなら、わきが手術ではなく、ボトックス注射などで汗の量を減らすことで随分とニオイが軽減することもあります。

わきが手術を受けてみようと考えているなら、まずは医師の診断を受けてみるのがおすすめです。

わきが手術に関するカウンセリングは無料で受けられるところがほとんどです。予約の上、カウンセリングを受けてみましょう。

切らないわきが手術が受けられるクリニックを見てみる>>

切るわきが手術、剪除法による手術を考えているなら

もし、あなたが切ってアポクリン腺を取り除く剪除法による手術を考えているなら、

1週間~10日程度のお休みを確保できる時に手術するのがおすすめです。

剪除法による手術後はワキを固定されて動きが制限され、車の運転なども難しくなります。

剪除法による手術の体験者の話を聞いてみると、固定されて動きにくいので洋服の脱ぎ着から、入浴など、日常生活が全て抜糸するまではとても大変ということでした。

先生によると翌日から事務のような仕事なら勤務できますと言われるみたいですが、本人に言わせるととても無理ということです。

剪除法による手術をするなら、ゆっくりと休めるスケジュールで行うのがおすすめです。

また、術後は半年ぐらいまでは傷跡が結構目立つ状態ですから、水着を着る予定がある方は早めに手術しておいた方がいいかもしれません。

切らないわきが手術が受けられるクリニックを見てみる>>

こんな記事もおすすめです

体臭ケアにおすすめのアイテム

体臭ケアにおすすめのアイテムをご紹介しています。
参考にしてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました