タバコとお酒と体臭の関係は?

タバコやお酒は好きな方にとっては、なくてはならない物でなかなかスッパリと止められませんね。

でも、もし、あなたが酷い体臭で困っているのなら、タバコやお酒はなるべくひかえた方が良さそうです。なぜなら、過度な喫煙や飲酒は体臭の原因となるものだからです。

アルコールと体臭の関係は?

アルコールには、血管を広げて血流を良くしたり汗腺活動を高めて発汗量を増やす作用があり、ニオイ成分が多い臭い汗をかきやすくなります。

また、アルコールが代謝されると、アセトアルデヒドや酢酸という強いニオイ物質になり、汗や呼気からも強いニオイとなって排出されます。二日酔いやアルコールを飲んだ後の独特のニオイはこのためです。

二日酔いや飲酒後の独特のニオイは一時的なものなので気にしないとしても、毎日大量に飲酒を続けると内臓に負担がかかりますし、アルコールを代謝するのには大量の酵素が使われます。

その結果、内蔵がスムーズに働けなくなったり、体内酵素が不足しがちになり、体内で発生したニオイ成分を上手く処理することができなくなり体臭として臭い出します。

適度な飲酒はストレス解消効果もあり体臭予防に役立つこともありますが、過度な飲酒は体臭の原因となります。お酒は程ほどに楽しむ程度にしておくのが良さそうです。

おすすめの酵素ドリンクを見てみる>>

おすすめの酵素サプリを見てみる>>

タバコと体臭の関係は?

タバコに含まれているニコチンには、脳の視床下部を刺激してエクリン腺の発汗を促す作用があります。

この時に、汗をかき慣れていないと、ニオイの強い汗をかくことになり体臭も強くなります。

ワキガの方の場合にもエクリン腺の発汗が多くなることで、よりニオイを強くしてしまう原因となります。

また、タバコの厄介なところは、それ自体に悪臭成分が含まれているところです。

タバコには臭い体臭の原因ともなる、アセトアルデヒドやアンモニア、硫化水素などのニオイ成分が含まれています。つまり、沢山吸えば吸うほど悪臭成分を体内に取り入れることになるということです。

さらに、タバコは体内で活性酸素を増やして、体内でもアセトアルデヒドなどの悪臭成分の生成を促す働きがあります。

このようにタバコはそれ自体が悪臭成分の固まりである上に、体内でも悪臭成分の生成を促す働きがある、体臭が気になる方にとって は最悪の物だと言えます。

お酒は適量なら体にとっても良いものですが、タバコはまさに百害あって一利なしです。

体臭が気になるなら、頑張って禁煙するのがおすすめかもしれません。

禁煙せずにタバコによる体臭を防止するには?>>

体臭ケアにおすすめのアイテム

体臭ケアにおすすめのアイテムをご紹介しています。
参考にしてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました