ニンニクはやっぱり体臭の原因になる?ニンニクと体臭の関係とは

ニンニクは疲労回復や滋養強壮をサポートしてくれるものですから、健康維持や体力をつけるためには積極的に摂りたい食べ物のひとつですね。

ただ、気になるのが、やはりニオイです。

毎日続けて食べると、体臭として臭わないかが心配ですね。

ニンニクは続けて摂ると、体臭として出てしまうのでしょうか?

ニンニクが体臭として臭う原因は?

ニンニクを食べた後にニオイが気になる原因は、

アリシンという成分です。

このアリシンという成分が体内で分解される時に、ニンニク特有のニオイ物質になります。

このニオイ物質が血液に乗って体内を循環することで体臭となり、肺から体外へ排出されるときに呼気として口臭となります。

ニンニク特有のニオイ成分は、通常は腸で吸収されて肝臓に運ばれ、解毒された上で全身へと運ばれています。

そのため、通常は食べ物やサプリメントなどでニンニクを摂ったとしても、体臭としてニンニクの臭いが漂うという事態にはなりにくいです。

しかし、肝臓機能が弱っている場合にはニオイ成分を十分に解毒することができず、ニオイが気になりやすくなることもあります。

ニンニクの臭いを防ぎながら毎日食べるには?

ニンニクは健康をサポートしてくれるものですから、できれば毎日食べたいものですね。

臭いを気にせずに毎日ニンニクを摂るには、この2つを試してみてください。

  • 食べ方を工夫してニオイ成分を吸収しにくくする
  • 臭いの少ないニンニクサプリメントを活用

食べ方の工夫

食べ方の工夫では、食前と食後の両方で対策していきます。

食前に牛乳を飲み、食後にパセリやリンゴ、お酢を摂ってみて下さい。

こうすることで、ニオイ成分の吸収を穏やかにしていくことができます。

  • 食前:牛乳を飲む
  • 食後:パセリ・リンゴ・酢を摂る
    特にリンゴがおすすめです。
牛乳

牛乳に含まれるタンパク質がアリシンを包み込み、臭にくくしてくれます。

パセリ

パセリに含まれるアルファーピレンがニンニク臭を分解して消臭してくれます。

リンゴ

リンゴに含まれるポリフェノールが臭いを抑制してくれます。

特にリンゴの皮にアップルポリフェノールが多く含まれていますから、皮ごと食べるのがおすすめです。

酢はニンニク特有のニオイ成分を作り出す力を弱めてくれます。

臭いの少ないニンニクサプリメントを活用

最近では臭いの少ないニンニクサプリメントが販売されています。

こういったものを活用すると、臭いを気にせずにニンニクが摂れます。

臭い控えめのニンニクサプリメントの見つけ方は、パッケージや商品説明をよく読んでみると「臭い控えめ」「臭いが少ない」などと記載されていることが多いです。

また、熟成させたニンニクが使われているサプリは臭いにくようです。

これはニンニクを発酵させることでニンニク特有の臭い成分が別の物に変化するからだということです。

こちらは厳選したニンニク「嘉定種(かてい種)」を独自製法で熟成させた「黒にんにく」です。

 

ドライフルーツのような食感で、プラムのような甘さがあります。

フルーツのような感じで食べやすいと人気です。

 

なるべく本物のニンニクで栄養を補給したい方におすすめです。


腸が弱い人は、ニンニクサプリメント選びに注意が必要!

無臭であることをアピールしたニンニクサプリメントは臭いが控えめなので嬉しいものです。

しかし、腸が弱い場合には、ニンニク特有のニオイは防げても、ニンニク成分の刺激によりオナラが出やすくなることがあります。

オナラが出やすくなると、腸内環境によってはオナラ臭いニオイが体臭や口臭として出てしまうこともあります。

ニンニクの臭いはしないけれど、「別の体臭や口臭が・・」といった事態になることもあります。

例えば、もし、ニンニクが入った料理を食べてオナラが出やすくなるようなら、腸がニンニク成分の刺激に弱いと考えられます。

ニンニク料理でオナラが出やすい方は、無臭なだけではなく、ニンニク成分の刺激を和らげたものを選ぶようにしましょう。

ニンニク成分の刺激を和らげたサプリメントとしては、キョーレオピンがおすすめです。

腸の弱い私でもオナラが出ませんでした。

 

キョーレオピンを見てみる>>

体臭ケアにおすすめのアイテム

体臭ケアにおすすめのアイテムをご紹介しています。
参考にしてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました