体臭がニンニク臭い・・ニンニク食べていないのにどうして?

054940

体臭がなんとなくニンニク臭い・・。

ニンニクを食べていないのにニンニク臭いニオイがすると心配になりますね。

ニンニク臭い体臭は、やはり体の不調のサインなのでしょうか?

ニンニク臭い体臭は、肝機能や腎機能の低下が懸念されます

ニンニクを食べていないのにニンニク臭い体臭がする場合には、

 

肝機能や腎機能が低下している恐れがあります。

肝臓には体にとって有害な物質を解毒して無害なものに変える働きがあり、腎臓には血液をろ過して老廃物を体外へ排出する働きがあります。

それぞれ、体にとっては不要なものを排出するためには大切な臓器となります。

そのため、肝臓や腎臓の機能が低下すると、体にとって有害な物質や不要な老廃物を十分に処理することができず、臭い物質が血液にのり全身を巡ることでニンニク臭い体臭やカビ、ドブ臭い体臭として出てしまうことがあります。

とくに肝機能が低下するとニンニク臭い体臭やカビ、ドブ臭い体臭など独特のニオイの体臭の原因となります。

肝機能の低下を改善するには?

「規則正しい生活」「栄養バランスの良い食事」「十分な睡眠」「ストレスを溜めない」など、体に負担がかからない生活を心がけていくことが改善につながります。

規則正しい生活

夜更かしや短い睡眠時間は肝臓に負担をかけてよくありません。

肝臓は寝ている姿勢の方が血流量が増え肝機能が高まりますし、人の体は就寝中には成長ホルモンが分泌されて内臓のダメージを修復しています。

睡眠時間が短いと肝臓のダメージが十分に癒されず機能低下の原因となります。

できるだけ十分な睡眠時間を確保できるように心がけていきましょう。

また、夜更かしすると自律神経のバランスを乱すことになり、肝機能を低下させる原因ともなります。

肝臓のためには早寝早起きがおすすめです。

また、便秘も腸内で有害物質を発生させるため肝機能を低下させる原因となります。

便秘がちであったり、ガスが多く出るようなら腸内環境の悪化が懸念されますから、ヨーグルトや乳酸菌サプリメントで腸内環境を改善していきましょう。

栄養バランスの良い食事

食べ過ぎや飲酒、喫煙は肝臓に負担をかけ肝機能を低下させる原因となります。

栄養バランスの良い食事を腹八分目程度とるように心がけましょう。

また、肝臓が弱るとタンパク質の消費が増えたり、体内でのタンパク質生産が減りがちになりますから良質なたんぱく質を積極的にとりましょう。

良質なタンパク質には弱った肝臓を修復したり、再生する働きがあります。

肝臓に良い食べ物としては、レバーや大豆食品、魚介類、牛乳などがあげられます。

よく肝臓にはシジミや牡蠣がよいと言われているのは本当です。

最近では肝機能を高める成分のサプリメントも販売されていますから、食事に不安がある方は活用してみるのもいいかもしれませんね。

おすすめの肝臓にいいサプリメントを見てみる>>

ストレスをためない

ストレスは自律神経を乱して内臓の血流量を減少させて内臓機能を低下させます。

内臓の血流量が減少すると肝臓への血流量も減り、肝機能を低下させる原因ともなります。

ストレスをゼロにするのは難しいですが、なるべくストレスをためないように発散させていきましょう。

肝機能が低下すると、食べ物のニオイも臭いやすくなる

肝臓の機能が低下すると食事でとった食べ物のニオイ成分を十分に処理することができず、体臭として臭いやすくなります。

これは、食べ物に限らずニンニクのサプリメントなどでも同様です。

肝機能が低下すると、サプリメントに配合されているニンニクですら体臭として臭いやすくなります。

もし、ニンニクが配合されているサプリメントを摂っているなら、肝機能の低下によりサプリメントのニンニク臭が体臭として出てしまっていることも考えられます。

どのみち肝機能が低下していることには変わりありませんが、気になるニンニク臭い体臭がサプリメントによるものなら一時的にサプリメントを止めることで直ぐに軽減できます。

愛飲しているサプリメントがあるなら、一度ニンニクが使われていないかチェックしてみましょう。

体臭ケアにおすすめのアイテム

体臭ケアにおすすめのアイテムをご紹介しています。
参考にしてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました