会社に行くと体臭がする・・何とかするにはどうすればいい?

008187

プライベートでは臭わないけれど、会社に行くと体臭がする・・。

こんな状態でお困りの方もいらっしゃいますね。

会社で体臭があると気分的に迷入りますし、何より体臭の事ばかりが気になって仕事に集中できないのが困ります。

会社に行くと必ず体臭が出してしまうのはどうしてなのでしょうか?

会社で体臭が出る原因は、これかもしれません

普段は問題ないのに会社に行くと体臭が出てしまうということなら、

その原因はストレスかもしれません。

ストレスは精神的なものでも身体的なものでも、体臭を強める大きな原因のひとつになります。

会社や人が多く集まるような緊張を強いられる場所に行くと必ず体臭が出てしまうようなら、その原因はストレスだと言えそうです。

ストレスが体臭の原因になるワケは?

ストレスで体臭が出てしまうのは、ストレスによりこんな影響があるためです。

  • 皮脂の分泌を盛んにする
  • 活性酸素の発生
  • 自律神経のバランスを乱す

皮脂の分泌を盛んにする

過度なストレスは副腎皮質ホルモンや男性ホルモン、アドレナリンなどを大量に放出させて皮脂腺の分泌を盛んにします。

また、ストレスの多い状態でかく汗は皮膚の常在菌が繁殖しやすくなり、ニオイも強くなります。

活性酸素の発生

ストレスを感じると、体内で活性酸素が多く発生します。

活性酸素は脂質を酸化させて過酸化皮質を作り、体臭の原因となる様々なニオイ物質を生成してしまします。

加齢臭としてよく知られているノネナールも酸化により発生したニオイ成分です。

自律神経のバランスを乱す

ストレスは自律神経のうち交感神経を高めて身体を緊張状態にし、自律神経のバランスを乱す原因となります。

ストレスにより自律神経のバランスが乱れると、腸のぜんどう運動が悪化したり、内臓の代謝機能が低下して内臓の不調による体臭を発生させる原因となります。

例えば、便臭やおなら臭い体臭や口臭は、腸のぜんどう運動の悪化により発生したりします。

また、緊張する場面などでストレスを感じると、交感神経の影響で汗が一気に大量に出たりすることもあります。

汗の量が多くなると皮膚の常在菌が繁殖しやすくなり、汗臭が強くなるというデメリットがあります。

体臭には、大きく分けて「脇汗などの汗によるもの」と、「内臓の不調などからくる体全体が臭うもの」がありますが、ストレスはこの両方の体臭の原因となります。

会社に行っても臭くならないためには?

会社に居る時だけ体臭が気になるということなら、「脇汗のケア」と「消臭サプリ」で対策してみるのがおすすめです。

最も良いのはグッズに頼らずに会社でもプライベートと同じくストレスを感じすぎずに過ごせるようになることです。

しかし、会社に行くと体臭が気になるという体験をしてしまうと、また臭っているのではないかと恐れが出てしまいなかなか難しくなります。

一時的な体臭の原因となるストレスは、精神的なストレスによるところが大きくなります。

万全の脇汗のケアと消臭サプリの活用で、「これだけ対策すれば臭うわけがない」と、精神的な安心感を得ることが体臭の抑止力になります。

また、物理的にも脇汗のケアと消臭サプリメントは、体臭のケアに効果的なものでもあります。

とくに会社でだけ体臭が気になるといった一時的な体臭でお困りの場合には、この2つがとても効果的になります。

制汗剤はスプレータイプのものよりロールオンタイプがしっかりと肌に密着するのでおすすめです。

おすすめの消臭サプリメントを見てみる>>

体臭ケアにおすすめのアイテム

体臭ケアにおすすめのアイテムをご紹介しています。
参考にしてみてくださいね。

こんな記事もおすすめです

タイトルとURLをコピーしました