体臭の原因を大きく分類するとこの2つ!


体臭があると周りに気を使うし、体臭が気になって何より自分らしく振る舞えないのが辛いですね。

1日も早く、なんとかニオイの気にならない状態にしたいものです。

体臭の原因は、主にこの2つ

体臭の原因には様々なものがありますが、大きくわけるとこの2つと言えそうです。

  • 内臓の働きの不調
  • 体の表面の汚れや洋服の臭い

内臓の働きの不調

内蔵の働きの不調というと大げさかもしれませんが、酵素やミネラル、ビタミンの不足を始め、疲労の蓄積、睡眠不足、冷えなど内蔵がスムーズに機能しない状態になると体臭が発生しやすくなります。

とくに酵素が不足すると食べ物の消化吸収が上手くいかなくなったり、免疫力が下がったり、細胞の修復が上手くいかなくなったりと体へのダメージが大きくなります。

酵素は加齢やストレス、暴飲暴食などで減りやすいものだから積極的に補給するように心がけるのがおすすめです。

酵素が豊富に含まれている食べ物としては、生の野菜や果物、納豆やキムチなどの発酵食品があげられます。

また、体の冷えも腸の働きが悪くなり体臭の原因となることがあります。

服装や食べ物に気を付けて体を冷やさないように気をつけましょう。

とくに夏は暑いからといって冷房に当たりすぎたり、アイスクリームなどの冷たい物を食べすぎたりすると意外と体が冷えてしまうこともあります。

冷たい物はほどほどにして、温かい飲み物を飲むなど工夫してみて下さい。

おすすめの酵素サプリを見てみる>>

体の表面の汚れや洋服の臭い

直接的な体臭の原因として汗の臭いがあります。汗そのものは臭いませんが、皮膚表面の雑菌や垢などが反応して不快な臭いとなります。

汗が臭い始めるまでに大体1時間程度の時間がかかりますから、汗をかいたらその都度小まめにふき取るのがおすすめです。

ただ、最近は、かいたばかりの汗でも臭いが強い方も増えてきてるということです。

かいたばかりの汗の臭いが強い方の特徴は、普段から汗をかき慣れていないということです。

普段から汗をかきなれていない方は汗腺機能が低くなり、ネバネバとした濃度の濃いくさい汗をかくようになります。

半身浴や適度な運動をして汗腺を鍛えれば、サラサラとした良い汗がかけるようになりますから、「最近汗かいていないな・・」という方は汗腺トレーニングをしてみて下さい。

また、体は臭わなくても洋服が原因で臭ってしまうこともあります。洗濯の生乾きの臭いや洗濯で落としきれていない体臭など・・。

体臭自体は治っていても「洋服が原因で臭っている・・」なんてこともありますから、たまに下着や洋服を新調して確認してみるといいかもしれません。

洋服の臭いは畳んでいるとそんなに気になる臭いでなくても、着ると体温で温められて広がります。体臭が気になる方は念入りに洗濯しておきましょう。

とはいっても加齢臭や体臭などの臭い汚れは通常の洗濯ではなかなか落としきれません。

どうしても嫌な臭いが残りがちです。

最近では、洋服についた加齢臭や体臭を消してくれるスプレーが販売されていますから、どうしても落ちない臭いには活用してみるのもいいかもしれません。

こちらの「nulla(ヌーラ)」というスプレーはおすすめです。
衣類についた体臭やワキガ臭を消臭してくれます。


おすすめ関連記事

体臭ケアにおすすめのアイテム

体臭ケアにおすすめのアイテムをご紹介しています。
参考にしてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました