腸のコンディションと体臭の関係は?

お腹の調子が悪かったり、便秘が続いたりすると体臭や口臭が気になることがありますね。

なんとなく、「ニオイの原因は腸かな?」と思うことはありませんか。

実はこれはその通りで、腸のコンディションが悪いと腸で発生したニオイ成分が血液に乗り体臭や口臭として表れます。

こんなニオイが気になるなら、腸が原因で臭っているのかも

もし、あなたの口臭や体臭が「便臭」や「腐敗臭」がするという状態なら、それは腸のコンディションが原因で臭っているのかもしれません。

これは、腸内環境が悪化することで腸内で発生した悪臭成分が腸で吸収されて血液に乗って全身を巡り、呼気や汗とともに出てしまうためです。

腸のコンディションが原因の口臭や体臭を改善するためには、まずは臭いの根本原因である腸内環境を整えることが大切です。

こうすることで腸内で悪臭成分が発生しにくくなり、口臭や体臭のモトを断つことができます。

腸内環境が悪化しているサインは

腸内環境が悪化しているかどうかは、こんなところに現れます。

これらが気になるようなら、腸内環境が悪化している可能性があります。

  • 便秘気味である
  • オナラが臭い
  • 便秘と下痢を繰り返す
  • 便の色が黒い

腸内環境が良い場合には、オナラもあまり臭くありませんし、便の色も黄土色のような色になります。

口臭や体臭が「便臭」や「腐敗臭」でお困りなら、まずは腸内環境を整えるところから始めてみてください。

腸内環境が悪化する原因は?

腸内環境が悪くなる原因としては、この2つがあげられます。

  • 腸内細菌バランスの悪化
  • 腸のぜんどう運動の悪化

腸内細菌バランスの悪化

腸には大きく分けて善玉菌と悪玉菌・日和見菌の3つが存在しますが、悪玉菌が優位になることにより腸内環境は悪化します。

どんな場合に悪玉菌が優位になるのかというと、便秘や腸のぜんどう運動の悪化により腸に便が長時間留まる場合や悪玉菌のエサとなる肉や脂肪分・糖分などの多い食事の摂り過ぎ等があげられます。

腸内細菌のバランスを良くするためには、悪玉菌が増える要因を取り除き、善玉菌を増やす食事や生活習慣を心がけることが大切になります。

具体的には、ヨーグルトや発酵食品、善玉菌のエサになるオリゴ糖などを積極的に摂ったり、腸がしっかりと働けるように規則正しい生活を心がけましょう。

「腸に規則正しい生活が関係あるの?」と思われるかもしれませんが、腸の働きは自律神経がコントロールしています。

自律神経はストレスや不規則な生活で乱れがちになりますから、腸の働きを良くするためには規則正しい生活を行うこともとても大切になります。

実際に善玉菌はストレスや睡眠不足などの生活習慣の乱れによっても減ってしまいます・・。

悪玉菌のエサとなる肉や脂肪・糖分の多い食事は控えめにして、規則正しい生活を心がけて善玉菌優位の腸内環境をキープしていきましょう。

腸内環境の改善に役立つサプリメントを見てみる>>

 腸のぜんどう運動の悪化

腸のぜんどう運動とは、便を肛門の方へ送り出す動きをいいます。

腸のぜんどう運動が悪くなると、便が長期間腸の中に滞在することになり腐敗が進み悪玉菌が増える原因となります。

腸の動きは自律神経がコントロールしていますから、自律神経バランスが乱れるようなことが積み重なると腸のぜんどう運動も悪化しやすくなります。

自律神経バランスはストレスや不規則な生活などにより悪くなりがちですから、ストレスを溜めすぎないようにして規則正しい生活を心がけましょう。

また、腸のぜんどう運動を良くする方法としては、朝コップ1杯の水を飲んだりして刺激を与えたり、腸もみなど外からのマッサージが効果的です。

腸もみというと大層に聞こえますが、お腹を時計回りにゆっくりと「の」の字を書くように軽くさするだけでも随分と違いますから気楽にお腹をなでてみて下さいね。

こんな記事もおすすめです

体臭ケアにおすすめのアイテム

体臭ケアにおすすめのアイテムをご紹介しています。
参考にしてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました