便秘はやっぱり体臭の原因になるものだった!

便秘は体にとって良くない。これは誰もが知っている事実ですね。

実際に便秘が続くとお腹が張って辛いだけではなく、便臭のような体臭や口臭がすることがあります。

最近では便臭のような体臭や口臭で悩んでいる方も多いですが、実はこれは便秘や腸の動きが悪いことが原因となり発生しています。

便秘が体臭の原因となるワケは?

便秘や腸の動きが悪いと、便臭のような体臭や口臭が出てしまうことがあります。

これは腸の中で便の腐敗が進むことで臭いガスが発生し、そのガスが腸で吸収されて血液に乗り、全身を巡ることで体臭や口臭となります。

便が腸にとどまる時間が長ければ長いほど腐敗は進みます。

そのため、このタイプの体臭や口臭を対策するには、腸内環境を整えて便秘や腸の働きを解消することが解決の近道になります。

腸内環境を改善するには?

腸内環境を整えていくには、この2つが大切になります。

  • 善玉菌を増やす
  • 腸のぜんどう運動を良くする

善玉菌を増やす

腸の善玉菌を増やすには、善玉菌のエサとなるオリゴ糖や食物繊維、乳酸菌が豊富な発酵食品などで善玉菌を積極的に補給していきましょう。

特に発酵食品は、1日に3種類以上のものから摂ると腸に良い影響を与えてくれます。

例えば、1日に発酵食品をヨーグルトだけではなく、キムチや味噌、漬物なども摂ってみて下さい。

逆に悪玉菌を増やす原因となる食べ物としては、脂肪やタンパク質の多い食べ物になります。

油っこい食べ物や肉や魚などのタンパク質が多い食べ物は、食べ過ぎると悪玉菌を増やす原因となります。

悪玉菌を増やしがちなタンパク質が多い食べ物を食べる時は、善玉菌のエサとなる食物繊維が豊富な野菜と一緒に食べたりして悪玉菌が増えすぎないように注意しながら食べるのがおすすめです。

腸のぜんどう運動を良くする

腸は自律神経の副交感神経の働きにより制御されています。

そのため、緊張した状態が続くと腸の働きが悪くなります。

リラックスした状態になると腸は動きやすくなりますから、ストレスを溜めすぎないようにして規則正しい生活を心がけましょう。

また、腸のマッサージもぜんどう運動の改善には効果的です。

ゆっくりとマッサージをする時間が無いという場合には、就寝前に1分程度お腹に大きく「の」の字を書くように優しくさするだけでも随分と違ってきますから試してみて下さいね。

善玉菌を増やすサプリメントを見てみる>>

体臭ケアにおすすめのアイテム

体臭ケアにおすすめのアイテムをご紹介しています。
参考にしてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました