ワキガ 体臭 違い

体臭が改善しない。。それはこれが原因かもしれません

体臭が酷いと仕事や人間関係に影響が出てしまうこともありますね。でも、体臭を改善しようとアレコレ対策をしてもなかなか思うように改善できないのが現実ですね。色々な体臭対策をしているのに臭いが改善できないのはこれが原因かもしれません。ここではしつこい体臭のケア方法をご紹介しています。

ワキガと体臭は違う!?ワキガと体臭では対処法が違います


60d04c3266697a78627424d495045ae9_s
ワキガと体臭はどちらも体からニオイが出ている状態ですから、酷くなると周囲が気になりますね。。
なんとか早急に改善したいものですね。

 

ただ、何事も改善するためには、その原因を知っておくことが大切になります。

 




スポンサードリンク



 

体臭の場合も同様で、自分の体のニオイの原因を知らなければ対処療法にしかならず、スッキリと解消というわけにはいきません。。

 

体臭があると、よく知らない人はすぐに「ワキガじゃないの。。」といったことを言いますが、実際はワキガと体臭はまったく違うものになります。

 

なぜなら、その原因が違うからです。

 

簡単にそれぞれの原因をあげると、ワキガはアポクリン腺という汗腺から出る汗がその原因となり、体臭は内臓機能の不調やエクリン汗腺からの汗などが原因となります。

 

そして、ワキガの特徴はワキガの原因であるアポクリン腺が乳輪・乳頭・陰部・耳の中など限られた場所にしか存在しないため、特定の部分からしかニオイが発生しないことです。

 

一方、体臭は全身からニオイが発生します。
内臓機能の不調による体臭は全身の毛穴や汗腺から出ますし、エクリン汗腺は体温調整をする汗腺であるためアポクリン腺と違い全身に分布しているからです。

 

そのため、ワキガの方が体臭よりもニオイが強いですが、ニオイが発生している箇所が部分的であるため消臭クリームやスティックなどで外からのケアしやすいという側面があります。

 

体臭の場合も、汗が原因の体臭は汗ふきシートなどで汗をふき取ることでケアできますが、内臓機能の不調が原因の場合は外からのケアはほとんど効果がありません。この場合は、内臓機能の改善が最も効果的な対処法となります。

 

 

 

ワキガ?それとも体臭? 見分けるにはどうすればいい?

 

ワキガはニオイが強いので一見気がつきそうなものですが、意外と自分のニオイには慣れてしまって気づかないまま大人になってしまったという方も多いようです。



スポンサードリンク




 

まずはこれらの項目にいくつ当てはまるかチェックしてみましょう。

    • 家族にワキガの人がいる
    • 耳垢が湿っている
    • シャツのワキが黄色くなることがある
    • 毛深い
    • ワキの下に汗をかきやすい
    • 靴や靴下が臭う
    • ストレスが多い
    • 他人からニオイを指摘された
    • 自分のニオイが気になる

これらの項目に該当する数が多いほどワキガである可能性が高くなります。
特に耳垢が湿っている場合は要注意です。中程度以上のワキガ体質の方の耳垢は、ほぼ軟らかく湿っているという情報があります。

 

また、ワキガの主なニオイの発生場所はワキの下になりますから、ワキのケアをしてニオイが和らいだり落ち着くようならワキガかもしれません。ワキのケア法としては、ワキ毛の処理をしてから消臭剤を塗ります。

 

消臭剤は薬局などで売られているスプレータイプのものではなく、ワキガケア用のクリームやスティックを使うようにしましょう。
一般的な汗ケアのスプレーではワキガのニオイはケアしきれません。

ちなみに体臭の場合は、ワキ部分だけをケアしても焼石に水状態であまり変化はありません。

 
ワキガを本気で解消するには?>>

 

内臓機能の不調が原因の体臭ケア法はこちら>>

 

 




スポンサードリンク



 

この記事に関連する記事一覧

私の体臭が改善したワケは
体臭の原因とおすすめ体臭ケアアイテム
最近の投稿
カテゴリー
人気記事ランキング