ワキガ レーザー脱毛,ワキガ 手術

体臭が改善しない。。それはこれが原因かもしれません

体臭が酷いと仕事や人間関係に影響が出てしまうこともありますね。でも、体臭を改善しようとアレコレ対策をしてもなかなか思うように改善できないのが現実ですね。色々な体臭対策をしているのに臭いが改善できないのはこれが原因かもしれません。ここではしつこい体臭のケア方法をご紹介しています。

レーザー脱毛とワキガ手術どちらを先にするのがお勧め?


068542

 

「レーザー脱毛するとワキガの臭いが軽減する。」こんな情報をよく耳にしますね。

 

確かに、レーザー脱毛すると毛根から破壊して脇毛を生えなくしますから、臭いの軽減に役立ってくれそうな気がします。




スポンサードリンク



 

もし、レーザー脱毛でワキガの臭いが軽減するのなら、手軽にチャレンジできる上にムダ毛の処理もできてニオイケアもできるのですから、こんなにいいことはありませんね。

 

レーザー脱毛とワキガ手術はどちらを先にするのが良いのでしょうか?

 

 

レーザー脱毛でワキガ臭が軽減するかどうかは不確実

 

まず、レーザー脱毛でワキガ臭が軽減するという情報は、個人差があり不確実なものです。

 

実際にレーザー脱毛をしたらワキガのニオイが軽減したと喜ばれている方もいますし、逆にニオイが酷くなってしまった。。という方もいます。

 

ただ、レーザー脱毛は毛根を破壊するのであって汗腺まで確実に破壊するものではありませんから、ニオイの軽減についてはあまり期待しない方がいいかもしれません。

 

あくまでも脱毛が目的で、ニオイが軽減したらラッキー程度に捉えておきましょう。

 

 

ニオイが気になるなら、レーザー脱毛よりワキガ手術

 

ムダ毛の処理がしたい場合でも、まずはワキガ手術から先にするのがおすすめです。

 

なぜなら、ワキガ手術では汗腺と毛根を一緒に摘出してしまうため、術後はほとんど脱毛された状態になります。

 

手術後に休止期と横に生えている毛が数本から数十本程度生えてくるかもしれませんが、ほぼ脱毛されます。

 

つまり、ワキガ手術ならニオイとムダ毛の処理が同時に解決できてしまうということなのです。
一方、レーザー脱毛では毛根は破壊できますが汗腺をワキガ手術の精度では破壊できません。

 

レーザー脱毛でニオイケアまで上手くできればいいですが、できない場合には手術を再検討しなければならなくなります。

 



スポンサードリンク





 

ワキガ手術はニオイの強さに応じて選ぼう

 

ワキガ手術には様々な方法がありますが、ワキガの程度に応じた方法を選ぶのがポイントです。

 

軽度のワキガの人が手術をすると、術後臭で返ってワキガが強くなってしまうこともあります。

 

軽度から中程度のワキガなら、手術ではなくワキガ対策はワキガ用の消臭剤を小まめに塗ったり、ボトックス注射で汗の量を減らしたりするのがおすすめです。

 

ニオイが中程度から重度の場合には、汗腺をしっかりと取り除く手術を検討してみるのもいいかもしれません。

 

ワキガ手術には様々な方法があり、脇の下を切開して汗腺を取り除く剪除法(せんじょほう)や脇の下に小さな穴をあけて管を通して汗腺を取り除く皮下組織吸引法、切らずに超音波などで汗腺を破壊する方法などがあります。

 

それぞれメリットデメリットがありますから、自分が譲れないポイントを考慮した上で色々と検討してみましょう。例えば、傷跡を絶対に残したくない、痛みの少ない方法など。。

 

クリニックごとに特徴的な手術方法があったりもしますから、気になるクリニックをみつけたらまずは相談してみるのがおすすめです。

 

ほとんどのクリニックは相談は無料でおこなってくれます。

できるだけ沢山のクリニックで相談してみて、納得できるところで手術するようにしましょう。

 

 

 

ワキガにおすすめの消臭剤を見てみる>>

 

切らずに治すワキガ手術ができるクリニックを見てみる>>

 

 

おすすめ関連記事

 




スポンサードリンク



 

この記事に関連する記事一覧

私の体臭が改善したワケは
体臭の原因とおすすめ体臭ケアアイテム
最近の投稿
カテゴリー
人気記事ランキング