ワキガ 手術 痛い

体臭が改善しない。。それはこれが原因かもしれません

体臭が酷いと仕事や人間関係に影響が出てしまうこともありますね。でも、体臭を改善しようとアレコレ対策をしてもなかなか思うように改善できないのが現実ですね。色々な体臭対策をしているのに臭いが改善できないのはこれが原因かもしれません。ここではしつこい体臭のケア方法をご紹介しています。

ワキガ手術はやっぱり痛い?痛くない手術法はある?


149367

 

ワキガ手術を受けるとなると、やはり気になるのが痛みだったりしますね。

 

手術で臭い出なくなったとしても、痛みなどで長期間生活が不自由になるのはなるべく避けたいところですね。

 

ワキガの手術方法としては反転剪除法やミラドライ、ビューホット、ウルセラドライ、ボトックスなど様々な方法がありますが、痛みのない手術法はあるのでしょうか?

 




スポンサードリンク



 

ワキガ手術後に痛みが少ない手術法はあります

 

ワキガ手術後に痛みが少なく、日常生活に影響が出にくい手術法はあります。

 

痛みが少ない手術法としては、ウルセラドライ、ビューホット、ミラドライ、ボトックスがあげられます。

 

これらの手術の共通点はワキを切開せずに手術ができるところです。

 

反転剪除法などのワキを切開して手術する方法に比べれば、ワキを切らずに治療するため術後の痛みも少なく手術当日から普段とほとんど変わらない生活が送れます。

 

ウルセラドライ、ビューホット、ミラドライ、ボトックスの選び分けは、ワキガの臭いの強さや汗の量、どの程度まで臭いが出ないようにしたいかなどによります。

 

例えば、軽度のワキガで定期的にクリニックに通ってもいいと考えているならボトックスで十分かもしれませんし、軽度のワキガでも完璧に治したいと考えているなら汗腺を破壊できるウルセラドライやビューホット、ミラドライを選ぶ方がいいかもしれません。

 

ワキガの手術法にはそれぞれメリットデメリットがありますが、実際にあなたの症状にどの手術法が適しているかは医師のカウンセリングを受けてみなければわからないのが実情です。

 

カウンセリングは無料で受けられるクリニックがほとんどです。

 

納得してワキガ手術を受けるには、まずは色々なクリニックでカウンセリングを受けてみるのことが大切になります。

 

色々なクリニックでカウンセリングを受ければ、そのクリニックが信頼できるかどうかなども分かるようになってきます。

 

切らないワキガ治療ができるおすすめのクリニックを見てみる>>

 

 

 



スポンサードリンク





 

ウルセラドライ、ビューホット、ミラドライ、ボトックスの特徴は?

 

ワキを切らずに治療できる手術法であるウルセラドライ、ビューホット、ミラドライ、ボトックス特徴と術後の状態を簡単にご紹介すると、こちらです。

↓↓

ウルセラドライ

川崎中央クリニック独自の手術法で、汗腺の層に超音波を当ててアポクリン腺、エクリン腺を熱損傷を与えて破壊することでワキガを治療します。

 

ワキだけではなく、すそわきがやチチガにも使える手術法です。

 

手術後は、少し腫れたり、ヒリヒリ感を感じる場合がありますが、当日~翌日には回復します。
シャワーも当日から使って大丈夫です。

 

ミラドライ

マイクロ(電磁)波を照射してアポクリン腺、エクリン腺の汗腺を破壊してワキガを根本治療します。

ワキだけの治療に使える手術法です。

 

中度~重度の多汗症やワキガに向いている手術法とされています。

手術後は、腫れや痛み、違和感が3~4週間程度続いたり、しこりや感覚の変化を感じることがあります。

 

ビューホット

高周波の極細針を装着したカートリッジを皮膚の上から当てて、高周波の照射針を汗腺の深さまで刺し入れて汗腺を熱変性させることでワキガを治療します。

 

ワキだけではなく、すそわきがやチチガにも使える手術法です。

 

手術後は、腫れや痛みはほとんどなく、赤みが多少出る場合があります。
シャワーも当日から使えます。

 

ボトックス

ボツリヌス菌の毒から生成された成分を注入して、エクリン線からの発汗を抑えることでワキガ臭を抑えます。

 

軽度のワキガや多汗症の方におすすめの治療法です。

1回の施術で3~6ヶ月効果が持続します。

 

 

ボトックス以外のワキを切らずに治療できる手術法は、個人差がありますが基本的にはその効果が長期に渡り持続します。

 

ウルセラドライ、ミラドライ、ビューホットについては、ウルセラドライが超音波、ミラドライが電磁波、ビューホットが高周波を使い汗腺を破壊してワキガを治療するというもので似たイメージがありますが、重度のワキガでお困りならミラドライがおすすめになります。

 

というのもミラドライはウルセラドライやビューホットよりも深部にまで効果が届きますし、世界的に見てもワキガや多汗症を治す場合にはミラドライが使われていることが多いからです。

 

実際にミラドライが開発された経緯は、根本から治療したいけれど手術は怖いという声に応えたものだということです。

 

ただ、ワキガの症状の程度は医師に診てもらわなければ本当のところは分かりませんから、自分で勝ってに症状が重いと思い込まずに、まずは複数のクリニックを訪ねてカウンセリングを受けてみることが大切です。

 

自分ではワキガの症状が酷いと思っていても、医師から見ると中程度の症状であることもあります。

 

ミラドライはワキガの根本治療には効果的かもしれませんが、術後の経過が切って治す反転剪除法に比べれば随分と楽なもののウルセラドライやビューホットに比べると腫れや痛み、違和感が3~4週間程度続くこともあるということで大変な感じがします。

 

術後の経過の良さを考えるとウルセラドライやビューホットも魅力的な手術法になりますから、色々な医師に相談して自分のワキガに応じた手術法を選ぶことがワキガ手術を成功させるポイントになります。

 

いちいちカウンセリングを受けるのは面倒かもしれませんが、後悔しないためにも色々な医師のカウンセリングを受けてみましょう。

 

切らないワキガ治療ができるおすすめのクリニックを見てみる>>

 

 

 

こんな記事もおすすめです

 

 




スポンサードリンク



 

この記事に関連する記事一覧

私の体臭が改善したワケは
体臭の原因とおすすめ体臭ケアアイテム
最近の投稿
カテゴリー
人気記事ランキング