水素水 加齢臭

体臭が改善しない。。それはこれが原因かもしれません

体臭が酷いと仕事や人間関係に影響が出てしまうこともありますね。でも、体臭を改善しようとアレコレ対策をしてもなかなか思うように改善できないのが現実ですね。色々な体臭対策をしているのに臭いが改善できないのはこれが原因かもしれません。ここではしつこい体臭のケア方法をご紹介しています。

水素水が加齢臭に効果ある?!加齢臭の改善には体内からのケアも大切


f308eaf36bec91fd331c02ac9c314bcb_s

 

水素水は、最近では美容や健康に良いと人気のアイテムですね。

 

あなたの周りでも美容や健康のために水素水を飲んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

実は、この水素水が加齢臭の改善にも役立ってくれそうなのです。

 

加齢臭ケア用の石鹸やボディーソープでケアしているにも関わらずニオイがなかなか改善しないという場合は、水素水を活用してみるといいかもしれません。




スポンサードリンク



 

 

水素水が加齢臭の改善に役立つワケは?

 

水素水には、体内で発生した活性酸素を取り除いてくれる働きがあるからです。

 

加齢臭は体内で発生した活性酸素の影響で皮脂が酸化して、ノネナールという加齢臭の原因となるニオイ成分が生じることで発生します。

 

そのため、水素水で体内で発生する活性酸素の量を減らすことができれば、加齢臭も軽減できるというわけなのです。

 

活性酸素を抑える抗酸化物質には水素水の他にもビタミンCやEなど様々なものがありますが、水素はあらゆる原子のなかでも最も小さい元素であるため体内のあらゆる場所に浸透して効率良く活性酸素を取り除けるメリットがあります。

 

また、活性酸素は人が生きて呼吸している限りは少なからず発生するものですが、これが過度に発生すると加齢臭に限らず様々なニオイ成分を作りだして体臭を強くしてしまう原因となります。

 

加齢臭に限らず体臭が気になる方は、活性酸素に着目したケアもおこなっていきましょう。

活性酸素は、ストレスや激しい運動、添加物の多い食事などで発生しやすくなります。

 

とくに仕事や家事でストレスが溜まりがち。。という方は、活性酸素の影響を大きく受けているかもしれません。

 

 

水素水選びのポイントは?

 

水素濃度が高いものを選ぶことが大切です。

 

最近では様々な水素水が販売されていますが、配合されている水素の濃度はそれぞれ異なります。

 

購入する際は、できるだけ水素が高濃度に配合されているものを選ぶようにしましょう。

 

水素濃度の目安としては、常気圧の限界値である1.57ppmも配合されていれば十分な高濃度水素水と言えます。

 

家庭ですぐに飲む水素水なら1.0ppm程度の水素濃度でも十分な効果が得られるとも言われていますから、必ずしも1.57ppm配合されていないと効果が得られないというものではありません。1.57ppm以下の配合濃度でもお気に入りの水素水があれば活用してみてくださいね。

 

水素水は、その多くが水素ガスを溶け込ませて作られています。

 

そのため、水素水をコップに入れて放置しているとどんどん水素が抜けていきますから、コップなどに入れたらすぐに飲みきってしまうようにしましょう。

 

おすすめの高濃度水素水を見てみる>>

 

 



スポンサードリンク





 

水素は肌から吸収させることもできる

 

水素は水素水やサプリメントなどで口から摂りいれるだけではなく、水素風呂などで肌から吸収して摂りいれることもできます。

 

肌から水素を吸収できると聞くとちょっと意外な感じがしますが、水素は分子が非常に小さいため肌から吸収されて細胞や組織、血管に到達して活性酸素を抑えてくれます。

 

ちなみに、水素風呂に入浴して7分後には血管にまで水素が到達して全身を巡るということです。

水素はその特徴として、悪玉活性酸素が発生している体の悪いところでのみ作用する働きがあります。

 

体臭をはじめ肌トラブルや内臓の不調など気になる症状がある場合にはその軽減をサポートしてくれるものとも言えますから、色々な形で水素を活用してみるといいかもしれません。

 

体臭が気になる方におすすめの水素入浴剤です。
詳しくは画像をクリック
↓↓

 

薬用HotTab重炭酸湯

 

炭酸ガスと水素、クエン酸のパワーでで体の巡りを良くして気になる体臭をケアしてくれます。

 

 

 

おすすめ関連記事



スポンサードリンク



 

この記事に関連する記事一覧

私の体臭が改善したワケは
体臭の原因とおすすめ体臭ケアアイテム
最近の投稿
カテゴリー
人気記事ランキング