口臭 ネバつき 解消

体臭が改善しない。。それはこれが原因かもしれません

体臭が酷いと仕事や人間関係に影響が出てしまうこともありますね。でも、体臭を改善しようとアレコレ対策をしてもなかなか思うように改善できないのが現実ですね。色々な体臭対策をしているのに臭いが改善できないのはこれが原因かもしれません。ここではしつこい体臭のケア方法をご紹介しています。

口臭や口のネバつきを解消する方法は?※どちらも改善の鍵は菌だった


043659

 

口臭や口のネバつきはなにかと気になるものでですから、できるだけ早くスッキリと解消してしまいたいところですね。

 

ただ、この口臭や口のネバつきは厄介で、しっかりと歯磨きをしてもなかなか解消されなかったりします。。

 

口臭があると人と会話する時に気になりますし、口の中がネバネバすると不快感があって落ち着きません。

 

口臭や口のネバつきをスッキリと解消するにはどうすればいいのでしょうか?

 




スポンサードリンク



 

 

口臭と口のネバつきの両方が気になるなら、その原因はこれかもしれません

 

なにかというと、です。

 

口臭の原因には口腔内の汚れによるものだけではなく内臓の不調によるものもありますが、口臭だけではなく口の中のネバつきも気になるという状態なら、その原因は口腔内に菌が多く発生していることによるものであることが考えられます。

 

なぜなら、口臭も口のネバつきも菌によるものだからです。

 

口臭は口の中の細菌が食べかすを分解することによりガスが発生することでおこりますし、口の中のネバつきは口腔内の細菌がネバつきのあるのり状の物質を作ることで発生します。

 

つまり、口腔内の菌を減らせることができれば口臭や口のネバつきを解消することができるというわけなのです。

 

口の中の菌がネバつきの原因と言われてもピンとこないかもしれませんが、例えば、歯磨きをしても歯の表面がネバつくことありませんか?

 

これは、歯の表面に菌が付着して、身を守るためにネバつきのあるのり状の物質を作っている状態だったりします。

 

歯磨きで汚れを十分に落とせている場合には、歯の表面はツルツルになります。

 

 

 

口臭や口のネバつきを解消する方法は?

 

口臭や口のネバつきの原因は菌によるものですから、口腔内の菌を減らせる対策を取ることが解消へとつながります。

具体的にどんなことを行えばいいのかというと、こちらです。
↓↓

    • 丁寧な歯磨き
    • 唾液の分泌を増やす
    • 菌の繁殖を抑える

 

丁寧な歯磨き

 

口臭や口のネバつきを解消するには、まず、丁寧な歯磨きで口の中を清潔にしておくことが大切になります。

 

なぜなら、食べかすが残っていると食べかすの糖分をエサとして口腔内の菌が増加するだけではなく、菌が糖分を分解する時にネバつきのあるグルカンという物質に変えるため口の中がネバつきやすくなる原因となるからです。

 

また、歯周病が進行すると粘性のある歯肉溝浸出液という液体が患部から染み出て口のネバつきを酷くする原因ともなります。

成人の約8割が歯周病にかかっていると言われています。

 

丁寧な歯磨きで口の中を清潔に保つことができれば軽度の歯周病なら改善できますし、さらに口腔内の菌の数を減らせてネバつきをスッキリと解消できます。

 

口のネバつきが気になるようなら、まずは丁寧な歯磨きから始めてみてください。

 

歯磨きのポイントは歯の表面を綺麗にするだけではなく、歯と歯茎の境目や歯と歯の間、奥歯の噛み合わせなど細部まで丁寧に磨くことです。

 

また、歯ブラシだけではなく歯間ブラシやフロスなども使って徹底的に汚れを落とすようにしましょう。

 

歯垢が少しでも残っているとあっという間に菌がどんどんと増加してしまいます。

菌が増加すると口臭や口のネバつきが酷くなる可能性が高まります。

 

歯磨きを丁寧にしているのにもかかわらず歯のネバつきが気になるようなら、ポリリン酸やリンゴ酸で歯の汚れを浮かして取り除くタイプの歯磨き粉を活用してみるとスッキリと磨けるようになります。

 

ぜひ試してみてください。

 

ポリリン酸やリンゴ酸が配合されている歯磨き粉は、ホワイトニングを目的とした歯磨き粉によく配合されています。

 

私もこのタイプの歯磨き粉を使っていますが、磨き方は同じなのにビックリするぐらい歯がツルツルになります。

 

このタイプの歯磨き粉を使う前はオーラ2などの市販の歯磨き粉を使っていました。それなりに綺麗にはなるのですが相当に磨かないと歯の汚れがスッキリと落ちない感じで。。

 

でも、ポリリン酸やリンゴ酸が含まれているタイプの歯磨き粉だともっと短い時間でスッキリと綺麗になります。

私が使っているのはこちらの歯磨き粉です。
↓↓
■リュミエールブランネージュ

 

リュミエールブランネージュを見てみる>>

 

 

歯科医が監修した歯磨きジェルなので安心して使えます。タレントさんも使っているんですよ。

 

購入するなら定期コースで購入するのがおすすめです。初回オトクな価格の2980円(税抜き・送料無料)で購入できます。こちらの定期コースは次回発送の10日前までの事前連絡で停止・休止が可能なので安心です。

 

 

もっと他の歯磨き粉も見てみる>>

 

 

また、歯磨きとあわせてたまには舌の汚れも綺麗にするようにしましょう。

 

舌の汚れは舌苔(ぜったい)と呼ばれているもので舌の汚れが蓄積されていると舌の表面が白くなります。

 

実は、この舌苔も口臭の原因となります。

 

というのも、この舌苔は細菌や食べカス、不要な粘膜などが付着したものだからです。

 

歯磨きをしっかりしても口のニオイが気になるときは、舌の状態もチェックしてみてくださいね。

 

そして、舌の表面の白っぽさが気になってきたら、優しく歯ブラシや舌用のブラシで舌苔を取り除いてみてください。

 

ちなみに舌苔はストレスや身体的な原因で免疫力が低下したり、消化器の不調で増えやすくなります。

 

舌用ブラシです。
↓↓

舌ブラシ W-1 (ダブルワン) (色はおまかせ)

 

唾液の分泌を増やす

 

唾液には口の中の菌を洗い流したり、抗菌作用で菌の増殖を抑えたり、歯の修復や強化をする働きがあります。

 

そのため、唾液の分泌が少なくなり口の中が乾燥しがちになると口の中で菌が増加しやすくなり、口臭や口のネバつきが気になる原因となります。

 

また、唾液には歯を再石灰化して修復したり強化する働きのある成分が含まれていますから、唾液の分泌が減少すると歯が弱くなり虫歯になりやすくなります。

 

そして虫歯になると、その虫歯が原因で口臭が気になるようになります。

このように唾液は口臭や口のネバつきを解消するためには欠かせないものになります。

 

例えば、食事の際にパンなどの乾いた食べ物が食べにくいとか、ノドがひんぱんに渇く、唾液のネバネバが強く感じられるなどが気になるようなら唾液の分泌が少なくなっている可能性があります。

 

唾液の分泌量は加齢やストレス、口呼吸、ドライマウス症候群などで減少しやすくなります。

 

なかなかスッキリと根本原因から唾液量の減少を改善するのは難しいかもしれませんが、唾液の分泌は唾液腺を刺激することで分泌を促すことができます。

 

唾液の分泌を促す方法はこちらです。
↓↓

    • 食事の際によく噛む
    • 唾液腺をマッサージで刺激
    • 舌の体操

 

食事の際によく噛む

 

唾液は噛む回数を増やすことでその分泌を促せます。

食事の際にはできるだけ噛む回数を増やすようにしていきましょう。

 

また、口の乾燥が気になる時にガムを噛むのも効果的です。

糖分の少ないガムを選んで活用してみてくださいね。

 

 

唾液腺をマッサージで刺激

 

唾液腺をマッサージすると唾液の分泌量を増やせます。

 

唾液腺は耳からアゴにかけてありますから、耳からアゴにかけて優しく円を描くようにマッサージしてみてください。

 

とくに唾液の分泌を促すのに有効なのは、耳の下になる耳下腺、舌の付け根あたりにある舌下腺、アゴの骨の内側の左右にある顎下腺です。

 

耳下腺は左右の奥歯のあたりにあります。ここに指を当てて優しくマッサージします。

舌下腺は下アゴのとがった部分の内側のくぼみを親指で押すと刺激できます。

 

顎下腺はアゴの骨の内側にありますから、耳の下からアゴの先まで少しずつマッサージしていきます。

 

 

舌の体操

 

舌を動かすことでも唾液の分泌を促せます。

口を閉じて歯に沿って舌を右に回したり、左に回したりしてみてください。

 

また、水分不足も唾液の分泌量を減らす原因となりますから、小まめに水分補給もおこなってください。
また、口がとにかく乾きやすいという場合にはこんな健康食品を試してみるのもいいかもしれません。
↓↓
■うる藍バリア

 

うる藍バリア

↑↑詳しくは画像をクリック↑↑

 

口の中と腸内環境を整えることで唾液の分泌と口臭をケアしてくれる健康食品です。

 

ポリフェノールやミネラルたっぷりの藍(あい)に、唾液の分泌を促す効果が期待できるポリグルタミン酸とクエン酸、抗菌効果の高いプロポリス、口の中を清潔に保つ紅茶抽出物などが含まれています。

 

粉末タイプのサプリメントなので摂りやすいです。

初回、1箱(30袋入り)が半額の1,800円(税抜き・送料無料)で購入できます。

 

 

菌の繁殖を抑える

 

歯磨きなどのオーラルケアで歯の汚れや菌を洗い流した後に菌の繁殖を抑えられるマウスウォッシュを活用すると菌の増殖を抑えられて口臭や口のネバつきの軽減に役立ちます。

 

とくに就寝前にはこういったマウスウォッシュを活用しておくと口臭や口のネバつきを軽減することができます。

 

というのも、どんなに丁寧に歯磨きをしていても就寝中に口の中の菌が急激に増殖してしまうからです。

 

朝起床時に口臭が気になりやすいのはこのためです。

就寝前にマウスウォッシを使っておけば少しは菌の急増を抑えることができます。

 

最近では様々なマウスウォッシュがありますが、私が使ってみて良かったのがこちらのラクレッシュL8020です。
↓↓

ラクレッシュL8020菌マウスウォッシュ

歯周病や虫歯への効果が期待できるL8020乳酸菌のマウスウォッシュです。

こちらを使うと歯茎がスッキリとしてきます。

とくに歯周病が気になる方におすすめです。

 

また、口臭が気になってとにかく早くニオイをなんとかしたい方には、こちらのオーラクリスター・ゼロを試してみてください。
↓↓
薬用オーラルクリスター・ゼロ 40代~向け
↑↑詳しくは画像をクリック↑↑

 

こちらは口臭の3大悪臭とも言える「腐った卵のようなニオイ」、「血生臭いニオイ」、「生ごみのようなニオイ」を解消へと導いてくれるマウスウォッシュです。

 

オーラクリスター・ゼロはマウスウォッシュだけではなく歯磨き粉としても使えます。

歯磨き粉としての効能はホワイトニング、歯周病、虫歯の予防に役立つということです。

 

 

 

なかなか改善しない口臭や口のネバつきでお悩みなら医師に相談してみましょう

 

歯磨きなどのオーラルケアを一生懸命に行っても口臭や口のネバつきがいっこうに改善されないようなら、一度、歯科医や内科で診てもらった方がいいかもしれません。

 

というのも口臭や口のネバつきは虫歯や歯周病、ドライマウスなどの病気によるものや胃腸の病気や糖尿病、シェーグレン症候群などの自己免疫疾患によるものなどもあるからです。

 

体には不調がないと思われるなら、まずは歯科にいって相談してみましょう。

意外と口臭や口のネバつきの原因となる重度の歯周病や虫歯が見つかったりするかもしれません。




スポンサードリンク



 

この記事に関連する記事一覧

私の体臭が改善したワケは
体臭の原因とおすすめ体臭ケアアイテム
最近の投稿
カテゴリー
人気記事ランキング