顔汗を止める方法,顔用 制汗剤

体臭が改善しない。。それはこれが原因かもしれません

体臭が酷いと仕事や人間関係に影響が出てしまうこともありますね。でも、体臭を改善しようとアレコレ対策をしてもなかなか思うように改善できないのが現実ですね。色々な体臭対策をしているのに臭いが改善できないのはこれが原因かもしれません。ここではしつこい体臭のケア方法をご紹介しています。

顔汗を止める方法は?手軽な方法から顔用制汗グッズまでご紹介


514176
顔の汗が多いとメイクが崩れやすくなったり、恥ずかしかったりと何かと大変ですね。

 

やはり、どんな季節やシーンでもいつもスッキリと爽やかな状態でいられるのが理想ですから、なんとか気になる顔汗を止めていきたいものです。

 

顔汗を止めるにはどうすればいいのでしょうか?

 




スポンサードリンク



顔汗を止める方法は?

 

顔汗を止める方法としては、この3つがあげられます。
↓↓

    • 胸から5cm程度上を圧迫する
    • 首の後ろを冷やす
    • 顔用制汗剤を使う

 

胸から5cm程度上を圧迫する

 

胸から5cm程度上をヒモなどで強く縛り圧迫すると半側発汗により顔の汗を減らすことができます。

 

半側発汗とは、体の左右や上下のどちらかを圧迫するとその周辺の汗が減り、そのかわりに反対側に出る汗の量が増えるという体の性質です。

 

この半側発汗を利用した顔汗を止める方法は、芸者さんや舞妓さんも活用しています。

 

 

首の後ろを冷やす

 

首の後ろには太い血管があるため、首の後ろを冷やすと効果的に体温を下げられて顔汗を止めるのに役立ちます。

 

汗には体温を下げるという役割があるため、顔汗の原因が体が暑くて沢山汗が出ているようならこの方法が役立ちます。

 

保冷剤を首に当てたり、冷感ストールなどを活用して首を冷やしてみましょう。

私は近所のドラッグストアで購入したこちらを使っています。
↓↓

しろくまのきもち ひんやりネックバンダナ ライトブルー

中に高分子ポリマーが入っていて、そこに含ませた水分が少しずつ気化することでヒンヤリ感が続きます。

凄くヒンヤリ冷たいという感じではありませんが、なんとなく涼しく感じて過ごしやすくなります。

 

また、手持ちの日焼け除けストールなどの首部分に保冷剤を入れて巻いてみるのもおすすめです。

 

 

顔用制汗剤を使う

 

最近では顔用の制汗剤もあります。

 

こういった制汗剤には汗を出にくくする収れん剤が配合されているため、塗った部分の汗が出にくくなります。

 

顔汗によるメイク崩れが気になる方は顔用の制汗剤を活用してみるといいかもしれません。

人気の顔用制汗剤です。
↓↓

サラフェ

サラフェ

↑↑詳しくは画像をクリック↑↑

 

サラフェの公式サイトには、サラフェでどれくらい顔汗を防げるのかを検証している動画があります。

 

チゲ鍋を食べて、サラフェをつけた人とつけていない人でどれくらい汗の量が違うのかを検証した動画ですが、サラフェをつけた人はまったく汗が出てなくてサラサラで、サラフェをつけていない人は顔に汗がにじんでいました。

 

女性だとこういったアイテムはメイクの上からつけられるかどうかが気になるところですが、サラフェはメイクの上からも使えるので安心です。

 

メイクがすぐにテカッて困る。。という方にもいいかもしれません。

 

 

 

 

顔汗ばかりが多くなる、その原因は?

 

体の汗の量はそんなに多くないのに顔汗の量がとにかく多いという状態なら、それはひょっとすると運動不足が原因で顔汗の量が増えているのかもしれません。

 

人は運動不足などで汗をかく機会が減ると汗腺の働きが悪くなり、体で十分な汗をかけなくなってしまいます。

 

すると、普段から比較的動きが多く汗腺が機能しやすい顔の汗腺で沢山汗をかいて体温調整をしようとしてしまい顔汗が増えることになります。

 

しかも、運動不足で汗をかき慣れていない人の汗はにはミネラル分が多く含まれることになり、ベタついた汗になりがちです。

 

もし、あなたがこの3つが気になるようなら、まずは全身で良い汗をかけるように汗腺をきたえていくことが顔汗を減らす近道となります。
↓↓

    • 顔汗が多い
    • ベタついた汗
    • 運動不足

 

「良い汗がかけるように汗腺をきたえる。」と聞くと、何か大層なことをやらなければならないのかと思われるかもしれませんが、実はとても簡単です。

 

何をするのかというと、運動や半身浴などでとにかく汗をかくことです。

汗をかき慣れてくると、汗腺が自然ときたえられてベタつかない良い汗がかけるようになります。

 

そして、全身で汗をかけるようになると顔以外の汗腺からも汗をかけるようになっているため、顔汗の量が減ってきます。

 

運動が苦手という方は半身浴だけでもいいですから、じっくりと湯船に浸かって汗をかく練習をしてみましょう。

ベタつかない良い汗はニオイが少ない汗になりますから、体臭予防にも役立ちます。

 

 

 



スポンサードリンク





 

ただし、こんな顔汗は病気によるものかもしれません

 

あなたの顔汗がこんな状態なら、それは顔面多汗症という病気によるものかもしれません。
↓↓

    • 常に顔が汗で湿っている
    • 緊張すると、汗が顔からしたたり落ちる

 

一般的に汗は、暑い時や激しい運動をした時、緊張した時、辛い物を食べた時など、何かきっかけがあった時に多く出ます。

 

しかし、顔面多汗症の方の場合には、特に暑いわけでも、激しい運動をしたわけでも、辛い物を食べたわけでもないのに顔汗が多く出てしまいます。

 

特に汗をかく要因がないのに常に顔汗が止まらなかったり、したたり落ちるほどの汗が出ることが多いようなら顔面多汗症によるものかもしれませんから、自分でなんとかしようと悩まずに一度病院で診察を受けてみましょう。

 

多汗症の診察は、皮膚科やワキガ治療などもおこなっている美容クリニックなどで受けられます。

 

顔面多汗症の治療には、ボトックス注射や神経遮断薬、精神安定剤、漢方薬など様々な方法があります。

 

しっかりと治療を受ければ汗を減らすこともできますから、悲観せずにまずは病院で診察を受けてみましょう。

 

顔面多汗症治療の特徴

 

ボトックス注射

美容整形でシワを取るためにも使われている注射です。

 

食中毒の原因ともなるボツリヌス菌を汗が多い部分に注射する治療で、汗の分泌を促す働きのあるアセチルコリンという神経伝達物質の分泌を抑制して汗の量を減らします。

 

顔面多汗症の治療では主に額の汗を抑えるのに使われています。

注射後、2~3日頃から汗が減りはじめ、半年程その効果が持続します。

 

神経遮断薬

汗の分泌を促す神経伝達物質であるアセチルコリンの放出を阻害して汗を抑える飲み薬です。

 

顔汗だけではなく、全身に作用します。

口の乾きや眠気、便秘、胃腸障害などの副作用が出ることもあります。

 

精神安定剤

汗は自律神経バランスの不調により、多く出過ぎてしまうこともあります。

 

自律神経バランスはストレスや緊張などメンタルによる影響を強く受けて乱れがちになりますから、顔面多汗症で汗を気にし過ぎると、そのことがさらに発汗を促すことになり、多汗症の症状が強くでてしまうことになります。

 

この悪循環を断ち切るために精神安定剤が処方されることがあります。

 

漢方薬

漢方薬は即効性がある薬ではありませんが、体全体のバランスを整えて不調を自然治癒させていく働きがあるため、西洋医学でその原因が明らかにならない多汗症の治療にも活用されています。

 

顔面多汗症の治療によく使われている漢方薬としては、柴胡桂枝乾姜(さいこけいしかんきょうとう)がよく使われています。

 

柴胡桂枝乾姜は、自律神経失調症や不眠症、不安神経症などの病気に用いられている薬です。

 

ただ、漢方薬の処方はその人の体質に応じて異なりますから、必ず柴胡桂枝乾姜が処方されるとは限りません。

 

 




スポンサードリンク



 

この記事に関連する記事一覧

私の体臭が改善したワケは
体臭の原因とおすすめ体臭ケアアイテム
最近の投稿
カテゴリー
人気記事ランキング